サッカー・U-23日本代表の手倉森誠監督と選手たちが10日、鳥栖市のベストアメニティスタジアムで熊本地震被災地支援のための募金を行った。来場した約100人のサッカーファンが快く応じ、選手たちと固い握...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)