日米のパラリンピック選手5人が9日、川崎市中原区の市立上丸子小学校(岩間章校長、全校児童803人)を訪れ、児童たちと交流した。子どもたちに障害者スポーツへの理解を深めてもらおうと市が昨年に続き、企画...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)