王座を奪還した男子1部の新日鉄住金は、新人小川が立役者となった。1回戦、準決勝はいずれも寝技で一本勝ち。宿敵旭化成との決勝は、落合監督から「安定感があり、信頼が置ける」と大将に抜てきされ、チームに逆...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)