主砲は乗り切れず―。中田は三回に左前打を放ったが、連続試合打点は「2」でストップした。  この2日間で5三振、走者を置いた場面では西武投手陣の縦の変化球攻めに手こずった。今季初の3連勝もならず、「...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)