競泳の200メートル平泳ぎでリオデジャネイロ五輪出場を決めた津久見市出身の渡辺一平選手(佐伯鶴城高校―早稲田大学)の激励会が8日、市内の津久見市民会館であった。渡辺選手は集まった市民らを前に「皆さん...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)