2-2の七回だった。東北楽天の2番手福山が決勝点を奪われ敗戦。前日の青山、前々日の守護神松井裕に続き、3日連続で救援陣がつかまる後味の悪い黒星に、梨田監督は「競った試合ばかりしているが…」とため息交...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)