藍住町出身の松友美佐紀選手(24)がバドミントン女子ダブルスでリオデジャネイロ五輪に出場することが決まった5日、吉報を待ちわびた県内の関係者は口々にエールを送った。  藍住町の自宅で出場決定の一報...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)