2020年東京五輪の種目に加わる見通しの人工壁をよじ登る競技「スポーツクライミング」で、道産子選手が次々に台頭している。4月下旬のワールドカップ(W杯)の加須大会(埼玉県)には、都道府県別で最多タイ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)