リオデジャネイロ五輪のバドミントン代表が決まる世界ランキングが5日発表され、女子ダブルスで藍住町出身の松友美佐紀(24)と、奈良県出身の高橋礼華(26)のペアが1位を守り、出場が決定した。バドミント...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)