ヘルシンキ五輪(1952年)の110メートル障害日本代表で、大阪陸上競技協会会長などを歴任した木南(きなみ)道孝氏(1920~2008年)の功績をたたえ、「第3回木南道孝記念陸上競技大会」が8日、ヤ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)