川崎の風間監督は「仙台は頑張っていた。やりたいことができなかった」とうつむいた。12対7。シュート数で上回ったのは、総得点がリーグトップの川崎ではなく仙台だ。前節J2降格圏に落ち、低迷にあえぐチーム...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)