「最後に勝つことで応援に応えたかった」という西宮の選手たち。立ち上がりから激しい守備と速い展開の攻撃で一気にリードを広げた。快勝に上田ヘッドコーチは「1年間やろうとしてきたバスケを最後に表現できた」...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)