今大会で1点も失っていなかった育英の左腕山本を、明石商が攻略した。春の選抜大会では出場機会のなかった山崎が5番に定着したことで、打線が機能。中軸3人がそろって適時打を放った。  山崎はもともとは控...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)