高校野球の春季兵庫県大会(神戸新聞社後援)第6日は3日、明石トーカロ球場で準決勝2試合があり、明石商が5年ぶり、報徳が2年ぶりの決勝進出を決めた。  明石商は育英に、報徳は東洋大姫路にそれぞれ4-...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)