130キロ台後半の直球に切れがあり、東洋大姫路打線に連打を許さない。東西の名門が相まみえた一戦で、報徳主島の左腕がさえわたった。  主島は昨秋の県2回戦、同じ打線に14安打を浴びていた。敗戦こそ免...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)