好記録が期待された男子800メートル日本記録保持者の川元はレース序盤で右足のスパイクが脱げるアクシデントに見舞われ、まさかの途中棄権。「こういうことも起きる。仕方ない」と割り切った表情で振り返った。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)