投手陣が最少失点で踏ん張り、0-1で迎えた土壇場の九回。東北楽天打線がようやく奮起し、鮮やかなサヨナラ劇を見せた。「観覧車が回り始めた日だったが、打線も最後にうまく回ったね」と梨田監督。舌も滑らかに...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)