リオデジャネイロ五輪に出場するサッカーU-23日本代表の手倉森誠監督(48)が3日、大津町や嘉島町、宇城市にある熊本地震の避難所などを訪れ、被災した子どもたちにサッカー教室を開いた。ロアッソ熊本の練...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)