東日本大震災の津波で、約7千キロ離れた米国オレゴン州海岸に漂着した八戸市大久喜漁港・厳島神社の鳥居の再建式典が行われた2日、地元は日米の絆が生んだ再建の喜びに沸いた。「心のよりどころが戻った」と目を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)