バドミントンのアジア選手権女子ダブルスの決勝が1日、中国・武漢で行われ、藍住町出身の松友美佐紀(24)と、高橋礼華(26)のペアが優勝した。リオデジャネイロ五輪出場は確実で、県人のバドミントンでの五...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)