新体操のアジアジュニア選手権は4月30日までカザフスタンのアスタナで行われ、日本代表として初出場した常葉中・高が女子団体総合で優勝した。  団体は6カ国が出場し、ボール演技2回の合計点で争った。常葉...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)