右肘の違和感で離脱している広島の大瀬良が1日、廿日市市の大野屋内総合練習場で故障後、初めてブルペンに入った。「一つ階段を上った。ほっとしている」と穏やかな表情を浮かべた。 ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)