北海道浦臼町の浦臼神社で、北国に春の訪れを告げるエゾエンゴサクが淡い青の小花を咲かせている。1日早朝、木の実を探すエゾリスが駆け回り、高さ約15センチのエゾエンゴサクの隙間から愛らしい顔を見せていた。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)