ケニア政府は4月30日、象牙の取引を認めない強い姿勢を示すため、密猟者などから押収した象牙約105トンを首都ナイロビの国立公園で焼却処分した。象牙の処分量としては世界でも過去最大規模で、ゾウ約8千頭分...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)