東北楽天の安楽はリーグを代表する好投手・金子と五回まで無失点の投手戦を演じた。だが六回、守備に足を引っ張られる不運にも見舞われ2失点、プロ初の黒星を喫した。  「何とか先に失点しないように」と粘投し...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)