公式戦11試合目でようやく無失点に抑え、鳥栖守備陣は安堵(あんど)の表情を浮かべた。高い位置から仙台の攻撃の芽を摘み続け、打たれたシュートはわずか3本。堅守へ踏み出す完封劇に、フィッカデンティ監督は...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)