○…女子個人ダブルスを制した東洋大牛久の日暮春香(3年)・立山里菜(2年)組は、貫禄十分の勝ち上がりだった。決勝は相手のラリー戦に崩され0-3となったが冷静に対処。「流れを変えるために積極的に攻めよ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)