重圧に屈し、「4番失格」となってから新井は目覚めた。レギュラーの座も失った2004年は野球に取り組む意識も大きく変化。入団以来、打撃フォームや練習法をころころと変えてきたが、「何があろうと絶対に続け...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)