前日の会見で日本記録の更新に自信を見せた福島が、トラブルに見舞われた。女子100メートルで予選を11秒93の組2着で走り終えると医務室に直行。右ふくらはぎのけいれんで決勝を棄権した。これで織田記念は...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)