2020年東京五輪・パラリンピックに合宿誘致や交流などで関心がある市区町村が9割を超える一方、具体的な取り組みを開始したのは17・1%で、検討中とした市区町村と合わ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)