首脳陣がひたむきな練習姿勢を認め、我慢の起用を続けた新井は着実な進歩を遂げた。試合数、打率、本塁打、打点はいずれも右肩上がりで、4年目の2002年に初の規定打席に到達。03年には「開幕4番」の大看板...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)