日銀は28日の金融政策決定会合で、2%の物価上昇目標の達成時期を「2017年度前半」から「2017年度中」に後退させた。黒田東彦総裁は「成長率や賃金改定が想定より下振れたためだ」と説明し、目標後退の理...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)