神戸市北区の橋桁落下事故で、現場の北約100メートルに設置された住宅リフォーム店の防犯カメラが、橋桁が回転するように崩れる瞬間を捉えていたことが28日、分かった。落下するまでの約6秒間に数台の車が通り...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)