逆転勝ちの雰囲気も漂っただけに、九回の攻防が惜しかった。東北楽天は2点差を追い付く粘りを見せたが、結局流れを手放しサヨナラ負け。「同点から一気に勝ち越し、松井裕樹で逃げ切る展開にしたかった」。梨田昌...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)