平川市の柏木農業高校(西館実校長)は27日、同校で恒例の「春の大市」を開いた。生徒たちが育てた野菜や花の苗など農産物約50種類が並び、市内外から来た大勢の来場者でにぎわった。  午前9時の開始前から...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)