1949年の火災で焼損した世界遺産・法隆寺(奈良県斑鳩町)の金堂壁画(重要文化財)を総合調査する専門家らによる保存活用委員会(委員長・有賀祥隆東京芸術大客員教授)は27日、焼損後に実施された約60年前...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)