遅い春を迎えた北海道北部の河川上流域に、日本最大の淡水魚で「幻の魚」と呼ばれるイトウ(サケ科)が、産卵のため遡上している。体長1メートル近いペアが寄り添って産卵する姿を撮影した。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)