50イニングに及ぶ“世紀の死闘”の証しが、兵庫県明石市の明石トーカロ球場(明石公園)の入り口に掲げられた。  2014年8月の第59回全国高校軟式野球選手権大会準決勝。中京(東海・岐阜)と崇徳(西...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)