JR北海道は、開発を中止した新型特急用ディーゼル車「285系」の試作車3両について、検討を進めてきた検査車両としての活用も断念した。車両の改造に多額の費用がかかるためで、JRが技術力を結集して開発し...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)