博士課程で宇宙論を専攻する大阪市出身の竹内雄哉さん(27)。日米を行き来し、確率を用いた議論が必要となる複雑な現象(カオス)の研究に励む。原動力は「人間への興味」。卒業後は民間企業に就職を考えているが...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)