サッカーJ3のAC長野パルセイロの選手ら約30人が25日、熊本地震の被災地を支援しようと長野市のJR長野駅前で義援金の募金活動をした。  3班に分かれ、1時間ほど活動。荒田智之選手らが募金箱を手に「...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)