サクランボの加温栽培をしている青森県南部町大向の留目(とどめ)秀樹さん(53)のハウスで、主力品種「佐藤錦」の収穫が始まった。露地ものより2カ月ほど早く、日差しを受け宝石のように輝く赤い実が、一足早...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)