ハンセン病患者の裁判が隔離先の療養所などに設置された「特別法廷」で開かれていた問題で、最高裁は25日公表の報告書で、必要性を審査せず形式的に設置を許可したのは裁判所法違反だったと認め、差別的な取り扱い...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)