直下型で甚大な被害を出し、今なお6万人もの人たちが避難生活を余儀なくされている熊本地震の被災者を励ましたいと、サッカー・J1サガン鳥栖の選手たちが24日、鳥栖市のベストアメニティスタジアムで募金活動...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)