東北楽天は今季初先発の安楽が六回途中5失点で降板。2軍から昇格したばかりの2年目右腕は「走者を背負い、ここぞという場面で勝負ができなかった」と反省した。  一回に栗山から150キロの速球で見逃し三振...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)