下北の春の風物詩となっている「芦崎湾の潮干狩り」が23日、むつ市の海上自衛隊大湊基地内の同湾で開かれた。県内外から約3千人が訪れ、熊手やスコップなどで砂をかき分け、アサリ採りを楽しんだ。  潮干狩...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)