米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、同県の申し出を審査している総務省の第三者機関「国地方係争処理委員会」は22日、県と相手方の国土交通省から意見を聴くため、第3回会合を開催。県側は翁長雄志...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)