熊本県の蒲島郁夫知事は21日の記者会見で、自宅が損壊した被災者らの住まい確保に関する支援チームを20日付で設置したと発表した。公的住宅や旅館・ホテル、船といった避難先を確保し、不足する場合は仮設住宅を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)