七回途中から6投手が無失点リレーし、沈黙していた打線がようやく築いた延長十二回2死一、二塁。文字通りのラストチャンス。「ここで決めないと男じゃない」。東北楽天の主将、嶋基宏は奮い立った。  3ボール...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)