東北楽天の救援6投手が七回以降を無失点でつなぎ、延長十二回のサヨナラ勝ちをお膳立てした。  中でも光ったのは、共に3年目で1軍に上がったばかりの横山、浜矢。横山は九回に4番手で登板し、外野フライと内...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)